OB/OG ■OB・OG

氏名 職位・在籍課程 在籍期間 在籍時研究課題・職務 現職・進路
芳川智哉 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2010年4月ー2013年3月 環境中の汚染物質を検出するレポーターアッセイ酵母株の樹立 日本たばこ産業株式会社
又野真実 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2010年4月ー2013年3月 性ホルモン受容体発現酵母の高感度化と有用性の評価 蝶理株式会社
東垣由夏 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2010年4月ー2013年3月 フェナレノンの遺伝毒性メカニズムの解析 エフピー株式会社
山田りな 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2009年4月ー2012年3月 高感度な核内受容体アッセイ酵母の作製および環境試料のリガンド活性評価 ハウス食品株式会社
藤川芳宏 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2009年4月ー2012年3月 損傷乗り越えDNA合成によって生じる突然変異の解析 大阪大学大学院医学系研究科
大西佳奈 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2008年4月ー2011年3月 ステロイドホルモン受容体ファミリー発現酵母の樹立 株式会社 J-オイルミルズ
椎崎一宏 ポスドク研究員 2006年4月ー2010年9月 核内受容体を発現するアッセイ酵母の開発 埼玉県立がんセンター 臨床腫瘍研究所
江端真吾 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2006年12月ー2010年3月 核内受容体を発現するアッセイ酵母の開発 株式会社 伊勢半
尾後早耶佳 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2007年4月ー2010年3月 代謝酵素高発現細胞におけるニトロ芳香族の遺伝毒性 財団法人日本繊維製品品質技術センター
萩尾宗一郎 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2006年12月ー2010年3月 ニトロ多環芳香族化合物の遺伝毒性 日産化学工業株式会社
高田英治 理学部生物科学科4年 2009年4月ー2010年3月 核内受容体を発現するアッセイ酵母の開発 人材派遣会社経営
前川直也 理学部生物科学科4年 2009年4月ー2010年3月 DNA修復系遺伝子ノックダウン細胞の樹立 京都大学大学院医学研究科博士前期課程へ進学
朱 恵玲 理学系研究科生物科学専攻博士後期課程 2005年9月ー2009年9月 酵母を用いた各種受容体応答アッセイ系の開発
澤井知子 理学系研究科生物科学専攻博士後期課程 2005年4月ー2009年3月 損傷乗り越えDNA合成 独立行政法人放射線医学総合研究所
西田裕 理学系研究科生物科学専攻博士後期課程 2004年4月ー2009年3月 ニトロ多環芳香族化合物による突然変異誘発機構 (株)新日本科学
ガルガーニ坂下パオラ幸子 理学部生物科学科4年 2008年4月ー2009年3月 酵母を用いた変異原物質アッセイ系の樹立 京都大学大学院理学研究科博士前期課程へ進学
中西友紀 理学部生物科学科4年 2008年4月ー2009年3月 薬物代謝酵素誘導に関する酵母レポーターアッセイ系の利用 池田銀行
廣瀬静磨 理学部生物科学科4年 2008年4月ー2009年3月 核受容体アッセイ酵母の樹立 雪印乳業株式会社
浅井翔太 総合科学部自然環境科学科3ー4年 2006年12月ー2008年3月 核受容体アッセイ酵母の樹立と応用 京都大学大学院理学研究科博士前期課程へ進学
石井宏 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2005年4月ー2007年3月 ニトロ多環芳香族化合物による突然変異誘発機構 三浦工業(株)
大谷謙二 理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2005年4月ー2007年3月 HBVによる酸化的DNA損傷 ハクゾウメディカル(株)
近藤麻美 研究生・理学系研究科生物科学専攻博士前期課程 2004年4月ー2007年3月 酵母を用いた各種受容体応答アッセイ系の開発 (株)ワールドインテック
寺杣優一 総合科学部自然環境科学科3ー4年 2005年12月ー2007年3月 酵母を用いた環境汚染アッセイ系の樹立と応用 京都大学大学院工学研究科博士前期課程へ進学
奥山勝幸 理学系研究科物質科学専攻博士前期課程 2004年4月ー2006年3月 自然放射線遮蔽が動物細胞の増殖におよぼす影響 (株)高市製薬
中嶋恭子 総合科学部自然環境科学科3ー4年 2004年12月ー2006年3月 環境化学物質による突然変異誘発に関与するDNAポリメラーゼの同定 京都大学大学院理学研究科博士前期課程へ進学
吉尾政信 日本学術振興会特別研究員(PD) 2002年4月ー2005年3月 分子生物学的手法による地球温暖化に伴うチョウ類の分布拡大経路の解明 東京大学大学院農学生命科学研究科生物多様性科学研究室産学連携研究員
菅野毅治 農学部3年生ー農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士前期課程  2002年1月ー2005年3月 大気汚染物質由来の多環芳香族付加体を乗り越えるDNA複製と突然変異誘発機構の研究 日本学術振興会特別研究員(DC1)(大阪大学大学院生命機能研究科博士後期課程へ進学)
BOCAK, Ladislav 日本学術振興会外国人特別研究員 2002年3月ー2004年3月 ベニボタル科昆虫をモデル群とした種分化と擬態形成の分子進化的研究 チェコ共和国パラツキー大学助教授
坂本三千代 農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士前期課程 2002年4月ー2004年3月 内分泌攪乱作用の生物種差を評価する遺伝子組み換え酵母アッセイ系の開発
松川和樹 農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士前期課程 2002年4月ー2004年3月 モンシロチョウ属由来アポトーシス誘導タンパク質によるモノADPリボシル化DNA付加体形成と突然変異誘発の研究 (株)パナファーム・ラボラトリーズ
上谷 稔 農学部研究生 2003年4月ー2004年3月  
朱 恵玲 受入れ学生 2003年9月ー2003年11月 DNA多型に基づく昆虫のDNA系統解析 大阪府立大学理学系研究科博士後期課程
BOCAKOVA, Milada 客員研究員 2003年6月ー2003年8月 DNA多型に基づく昆虫のDNA系統解析 チェコ共和国パラツキー大学
SAVELA, Kirsti A 客員研究員 2002年11月ー2003年4月 ヒト尿中の酸化的損傷塩基の検出と定量 フィンランド科学アカデミー・産業医学研究所、主任研究員
貴志恭子 研究補助員 2001年6月ー2002年8月 実験補助 (主婦)
伊藤彰英 共同研究員 2001年6月ー2002年2月 齧歯類動物のダイオキシン受容体遺伝子を発現するアッセイ用酵母の樹立 三井造船(株)技術本部

 


もどる